アトリエ・リリック・京都

講師プロフィール│演奏会・マスタークラス企画、個人レッスン・講座

Intervenants

講師プロフィール

私たちと一緒に、
楽しみながら演奏しましょう!
  • 定期講座(アトリエ)及び個人レッスン講師:

    谷村由美子Yumiko TANIMURA
    谷村由美子
  • 京都市生まれ。14歳より声楽を学び始める。京都女子高等学校時代には、オーケストラクラブでチェロの手ほどきも受ける。その後、京都市立芸術大学へ進学、卒業時に音楽学部賞を受賞。同大学院声楽専攻首席修了。1999年よりびわ湖ホール声楽アンサンブル専属歌手として活躍後、2001年より国際ロータリークラブとロームミュージックファンデーションより奨学金を得て、国立パリ高等音楽院声楽専攻最終課程(CNSMDP)に留学。その後2006年には国立パリ地方音楽院(CRR)において、古楽演奏のディプロムも取得する。
    “ナディア・エ・リリー・ブーランジェ国際コンクール”(パリ2003)、 “リヨン国際室内楽コンクール”(2006)に日本人として初めて優勝するなど、数多くのコンクールで優秀な成績を収め、その歌声と洗練された感性、音楽性は各方面より高い評価を得る。

    古楽から現代音楽にわたる幅広いレパートリーで、これまで特に歌曲、オラトリオ、室内楽のソプラノソリストとしてヨーロッパ各地(フランス、スイス、スペイン、ポルトガル、イタリア、ドイツ、ノルウェー、チェコなど)と日本で活躍、現地のテレビやラジオにも出演する。
    著名な音楽家とも数多く共演し、特にM.コルボ指揮、ローザンヌ声楽・器楽アンサンブルとは、2004年のバッハ「マタイ受難曲」日本ツアーを皮切りに、欧州各地の主要なフェスティヴァルやラ・フォル・ジュルネ音楽祭(ナント、東京)などで度々共演した。また、佐渡裕指揮、ラムルー管定期演奏会でオルフ「カルミナ・ブラーナ」にソリストとして、パリのシャンゼリゼ劇場にも出演する。

    オペラでは、フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」のグレーテル役でデビュー後、パーセル、ヘンデル、モーツァルト、ロッシーニ、ブリテンの諸役を歌い、J-Cl.マルゴワール指揮のもとランス・オペラ座やヴェルサイユ宮殿オペラ劇場などに出演した。近年はトゥールオペラ座において、ドリーブ「ラクメ」、ドヴォルジャーク「ルサルカ」、チャイコフスキー「イオランタ」にソリストとして出演する。2018-2019シーズンは、同劇場において「魔笛」に出演予定。

    日本でも、多くのリサイタルや、沼尻竜典指揮、大阪センチュリー管のオネゲル「火刑台上のジャンヌダルク」に聖処女・天の声、井上道義指揮、京響定期演奏会でのプーランク「スタバート・マーテル」、広上淳一指揮、日本フィル定期演奏会ではカントルーブ「オーヴェルニュの歌」、デュティユー「コレスポンダンス」のソプラノソロをサントリーホールで好演した。

    京都青山音楽賞(2004)、京都市芸術新人賞(2005)受賞。
    2007年~2010年京都市立芸術大学音楽学部、大学院専任講師、2012年国立トゥール演劇センターヴォイストレーナー、2012~2015年国立トゥール地方音楽院(CRR)声楽教員を務めるなど活発な演奏活動と同時に日仏両国で声楽教育に携わる。

    2018年に「アトリエ・リリック・京都」を立ち上げ、日本とフランスの音楽文化交流に尽力している。

    ラヴェル「なんと楽しい!」

    プーランク「飛んでいる」

  • マスタークラス(公開レッスン)招聘講師:

    セバスチャン・ドロアテノール
    Sébastien DROY ténor
    セバスチャン・ドロア
  • フランス、ランス市生まれ。国立ランス地方音楽院を経て、2003年に国立パリ高等音楽院声楽科を1等賞で卒業する。

    2001年11月「マコン国際声楽コンクール」最高位、フランス歌曲賞および聴衆賞を得るなど、国立パリ高等音楽院在学中よりプロとしての活動を始める。

    2004年にトゥールオペラ座「ドン・ジョヴァンニ」のドン・オッターヴィオ役でデビューした後、タミーノ、フェッランド、ベルモンテなど、モーツァルトの主要なテノール役を得意としてきた。またオペレッタの分野でも、オッフェンバック「地獄のオルフェ」オルフェ、「美しきヘレナ」パリス、「ジェロルシュタイン大公爵夫人」のフリッツ、J.シュトラウス「こうもり」アルフレード、レハール「微笑みの国」スーチョン殿下役での出演も数多い。最近では、ボルドーオペラ座でビゼー「真珠とり」ナディール、モネ劇場(ブリュッセル)でベルリオーズ「ベアトリスとベネディクト」ベネディクト、トゥール・オペラ座でヴェルディ「椿姫」アルフレード、チャイコフスキー「エフゲニー・オネーギン」レンスキー役などでも活躍している。

    これまでに、パリオペラ座(ガルニエ)、パリシャンゼリゼ劇場、パリフィルハーモニア劇場、サルプレイエル、トゥールーズキャピトルオペラ座、ラインオペラ座、マルセイユオペラ座などのフランスの主要な劇場、その他、モナコオペラ座、ロイヤルフェスティヴァルホール(英)、オランダ国立オペラ座(アムステルダム)、フランドルオペラ座(アントワープ、ゲント)、ローザンヌオペラ座(スイス)、ブダペストコンサートホール(ハンガリー)、サンクト・ペテルスブルクフィルハーモニー劇場(ロシア)などに出演している。
    主な共演者はM.プラッソン、K.マズーア、S.ボド、I.フィッシャーとブダペスト祝祭響、J−CL.カザドシュ、E-P.サロネンとフィルハーモニア響、M.アルブレヒト、J.ネルソン、I.ボルトン、M.ミンコフスキーとレ・ミュジシャン・ドゥ・ルーヴル、Ch.ルセとレ・タラン・リリック、H.ニケとル・コンセール・スピリチュエル…、演出家ではD.マクヴィカー、J.サヴァリ、O.ピイ、P.オディ、A.ガリショ、R.フォルチュヌ、J−L.グランダ、C.ワグナー、笈田ヨシ…、歌手ではI.ムーラ、V.ガルジン、V.ジャンスなど、多くの著名な共演者から信頼を得ている。

    また、バッハ「ロ短調ミサ」、ヘンデル「メサイア」、モーツアルト「レクイエム」、ベルリオーズ「キリストの幼時」などの宗教曲やブラームス「美しきマゲローネのロマンス」、グノー「ビオンディーナ」、ブリテン「イリュミナシオン」等の室内楽コンサートのへの出演も多い。

    ドビュッシー「そはやるせなき夢心地」

    モーツアルト ベルモンテのアリア「喜びの涙が流れるとき・・・」

  • ジョナス・ヴィトーピアノ、室内楽
    Jonas VITAUD piano
    ジョナス・ヴィトー
  • パリ生まれのピアニスト。6歳よりピアノ、11歳でオルガンを始める。国立パリ高等音楽院でB.エンゲラー、J.ケルネル、Ch.イヴァルディに師事し、ピアノ、室内楽、伴奏法、和声の4つのクラスで全て卒業時に1等賞を受賞する。
    ソリストとして、また室内楽奏者として数多くの国際コンクールで受賞する(リヨン国際室内楽、ARDミュンヘン、トリエステ、ヴィーンベートーヴェン)。
    ヨーロッパはもちろんの事、ロシア、アジア、北米でも数多く演奏しており、ラ・ロックダンテロン、リールピアノ音楽祭、ジャコバン国際ピアノ音楽祭、ドーヴィル音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭、バガテルショパン音楽祭(パリ)、R.シュトラウス音楽祭(独)、カゼルタ音楽祭(伊)、iDans(イスタンブール)、ドゥブロヴニクサマーフェス、French May(香港)、フィリップスコレクション(ワシントン)などの伝統ある音楽祭に招かれる。
    トゥールーズキャピトル響、ミュンヘン放送響、プラハ放送響などのヨーロッパ各地のオーケストラと共演、声楽アンサンブルや現代音楽のアンサンブルとの出演も多い。

    室内楽奏者としての活動に重きを置き、B.シャマユー、A.ラルーム(ピアノ)、K.デエ(メゾ・ソプラノ)、谷村由美子(ソプラノ)、A.ラ・マルカ(ヴィオラ)、V.ジュリアン=ラフェリエール(チェロ)、ザイード弦楽四重奏団などのアーティストと共演を重ね、大きな信頼を得ている。また、H.デュティユー、T.エスケシュ、G.クルターク、Ph.エルサンの作品の初演を手がけるなど、現代音楽にも意欲的に取り組み、特にCh.ローバの作品は、そのトリプルコンチェルトを仏ミュールーズ響と世界初演するなど、数多く演奏している。
    これらの作曲家とのコラボレーションは、ジョナス・ヴィトーに大きな影響を与え、彼の芸術的インスピレーションの大きな源となっている。

    「ブラームス」(オーキッドクラシックス)、「デュティユー、リスト」(ノマッド)、「チャイコフスキー 四季」(ミラーレ)より3枚のソロCDを発表しており、それぞれ多方面より高評を得ている(BBC Music Magazine, CHOC CLASSICA,5 Diapasons…)。

    活発な演奏活動の傍ら、2013年より母校パリ国立高等音楽院のピアノ科教員を務める。

    ウェブサイト
    https://www.jonas-vitaud.fr/

    ブラームス「2つのラプソディー」

    デュティユー、リスト

Contact ›